« E-Thread:糸がそのままUHFパッシブRFIDタグになる | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/04/04号 »

2014/04/02

RFID Journal 抄訳 2014/03/28号

今週の記事ではHPのNFCスマホを使った業務用プリンタの本体認証が目を引きました。今回の記事のメインの用法自体はそれほど先端的なものではないのですが、HPのプリンタにNFCモジュールが付いていたというのは初耳でした。

RFIDを使ったマリオカートは去年研究所が公開したYouTubeビデオが話題になりましたが、アメリカのフェスティバル・SXSWで一般参加者も参加できる形で実施されました。実装方法は去年公開されたものとは少し違うようです。

Ocho社のNFC対応キートレイ、面白いですね。小型タイプで$38と値段も手ごろです。NFC対応の万歩計などからデータを吸い上げてサーバに送る機能などあればなお面白いと思うのですが、このニーズは少しマニアックすぎるかもしれません。

HP App Uses NFC Phones to Authorize Document Printing

HPは自社プリンタでの印刷時本人認証にNFC対応スマートフォンを利用します。同社の業務用プリンタはSPIやI2CなどのシリアルI/F付きのNFCモジュールを搭載しており、NFC対応スマートフォンと通信できます。このプリンタのユーザーは、事前にスマートフォンに印刷での本人確認に必要なIDとパスワードを入力しておくことで、スマートフォンをプリンタにタッチすることで自動的に印刷時の本人認証を行うことができます。

Pennzoil Powers Up With RFID and Mario Kart to Promote Product

アメリカのフェスティバルSXSWではマリオカートを実際に再現したレースが行われ、その実現のためにRFIDが利用されました。このレースでは搭乗時に参加者のリストバンドと運営スタッフのNFC対応スマートフォンで本人認証を実施、コース内ではカートのフェンダーに取り付けたUHFタグをアンテナで読み取り、ポイント加算や加減速を行いました。また、レースの結果は登録されたFacebookやTwitterのアカウントに自動的に送信されました。このシステムを開発したのはPennzoil社です。

Unipart Logistics Tests Active RFID for Automotive Customer

イギリスの大手物流企業Unipart Logistics社はトラックによる配送の管理にRFIDを利用するパイロットを実施しています。同社はトラックにRF Code社の433MHzアクティブタグを取り付け、自社の物流センターと顧客の自動車会社の工場にリーダーを設置、特定のトラックでの積み下ろしが行われたことを確認します。

Ocho Launches Smart Tray for Keys, Wallets and Other Items

アメリカのスタートアップ企業Ocho社はNFCリーダーとWiFiを内蔵したトレイを開発中です。鍵や財布、携帯電話などにNFCタグを取り付け、それをトレイの上に置くことで、あらかじめ定義済みのメール送信やトレイ本体によるアラート発信などの処理を行わせることができます。トレイにはOcho PadとOcho Miniの大小2つのサイズがあり、現在Kickstarterで受付中の価格はそれぞれ$58と$38です。

LIVE! 2014 to Feature RFID Institute Certification, Training Courses, Masters Classes

4月8日から10日までフロリダ州オーランドで開催されるRFID Journal LIVE! 2014では、The International RFID Instituteによる資格試験RFID Institute Certified Associateの実施、およびRFID4Uによるデプロイメントとアプリケーション開発の速習研修などが行われます。

RFID News Roundup

  • Columbus McKinnon社が自社製の掛け金にInfoChip社のRFIDタグを埋め込み。
  • Convergence Systems社が3G・GPS機能搭載のUHFパッシブRFIDリーダーを発表。
  • TeleTracking社の手洗い監視システムがHill-Rom社のRTLSシステムと統合。
  • 村田製作所のPCB向けUHFパッシブタグがI2Cインタフェースを搭載。
  • Motorola社のNew Workabout Pro 4ハンディリーダーがLFモジュールに対応。
  • Palace Resorts社がInvoTech社のRFID対応のリネン洗濯システムを導入。
  • Xerafy社とCensis Technologies社が手術器具滅菌用のタグ付けで協業。
  • IDTechEx社が今年のRFID市場の成長率を17パーセントと予測。

RFID Improves Safety at Assisted-Living Facility(有償記事)

米オハイオ州の介護施設Light of Hearts Villaでは、入居者の見守りのためのRTLSシステムを導入しています。導入したのはAeroscout社のWiFiタグで、入居者は職員の助けが必要になった時にタグのボタンを押すことで職員を呼び出すことができます。

Who Is Coming to LIVE! 2014

今回のRFID Journal LIVE!には40以上の国、30以上の業界から参加者が訪れます。彼らは技術マニアでは無く。導入によって優位を獲得したいアーリーアダプターです。RFID業界には彼らのニーズを満たすソリューションが既に存在していますが、ベンダー企業が広告を行わないため彼らに届いていません。広告を行うことは、自社の利益のためだけでは無く、自社の製品を必要とする顧客のためでもあります。

Add a User Interface to UHF RFID Tags

UHFパッシブタグをアパレル分野で利用する場合、プライバシーの観点から購入者がUHFパッシブタグを無効にできる必要があります。そのための手法としてUHF-NFCのデュアルタグを提案します。UHF通信の有効・無効を指定するフラグをNFC通信経由で変更できるようにするのです。

|

« E-Thread:糸がそのままUHFパッシブRFIDタグになる | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/04/04号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/59400117

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2014/03/28号:

« E-Thread:糸がそのままUHFパッシブRFIDタグになる | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/04/04号 »