« RFIDソリューションEXPO 2012 | トップページ | RFID World Watcher Monthly May 2012 »

2012/05/27

ディップスイッチのRFID化

RFIDの大きな特徴としてデータの書き込みが可能というものがある。データの書き込み先は当然メモリであるため、書き込まれたデータをメモリから読み出して利用するという使い方はかなり前から構想されていた。だが、それらのほとんどはコンセプトレベルに留まり、実用化されることは無かった。その原因はユースケースの欠如だと思う。器材がメモリを読み出して利用しようというからにはその器材は電子回路と電源を搭載しているわけで、素直に考えればその電源を利用して通常の無線機能(WiFiなりBluetoothなり)を利用すればよい。通信プロトコルにRFIDを利用する必要は無かったのだ。

最近、パッシブGen2チップで標準的なシリアルバス(I2CやSPI)を搭載したモデルが登場し、新たな用途が開拓されつつある。それは電子機器のサプライチェーン中での設定。従来は梱包を開きディップスイッチの切り替えで行なっていた設定をタグメモリへの書き込みで行なう。また、設定作業を行なうまでは起動できなくして、盗難を抑止する効果もある。言うまでも無くケースを開いて細かい操作をすることに比べハンディリーダを当てて書き込みボタンを押すほうが作業負荷は少ない。この用途では電子機器の通信機能は電源が投入されていない状態でずっと待ち受けを続けなければいけないので、パッシブタグになって実用的に利用できるようになったのだ。

実用化事例としておそらく最初に出てきたのがIntermec社のラベルプリンタPM43とPM43c。SPIポートを搭載したEM Microelectronic社のEM4325チップを搭載し、デフォルト用紙やイーサネット設定などの設定時間を従来の20分の1に短縮したそうだ(RFID Journal:Intermec Simplifies Printer Configuration Via RFID)。この事例で利用されているEM4325チップには4キロビットのメモリが搭載されており、また電池を補助的に用いセミパッシブモードで動かせば書き込み距離を長く取ることが出来る。

一方で、今年のRFID Journal LIVE!でIntelがぶち上げたのが、今年後半に出荷するWindows 8タブレット用の基盤にバス付きGen2チップを組み込むという計画。プレゼンテーションを見る限りではサプライチェーン中での盗難の抑止に重点を置いているようだ。利用されているチップはImpinjのMonza X Dura。こちらはI2Cバス搭載で、メモリが2キロビットと4キロビットの2つのバージョンがある(RFID Journal:Impinj Releases Embedded RFID Chips for Consumer Electronics, E-Labels)

この種の製品の走りはNXP社が2010年に発表したUcode I2Cで(RFID Journal:NXP to Unveil New UHF, HF Chips)、事例がニュースに流れないのでどうしたのかと思っていたところこの春になりいろいろな話が出てきて一気にホットなトピックになった。

家電機器はプリンタやタブレットに限らずどんどん高機能化・ネットワーク化が進みソフトウェアに依存するようになってきているので、外部から設定変更が出来る、簡単なパッチなら当てることが出来るというニーズは強いはず。それでもこれだけの用途であれば決定力に欠けるかもしれないが、家電機器の本体にRFIDチップを組み込み個体管理をしたいというニーズも以前からずっと存在してきており、この2つの用途を組み合わせればいよいよ家電製品のソースタギングが実現するかもしれない。期待をこめて見守りたいところ。

|

« RFIDソリューションEXPO 2012 | トップページ | RFID World Watcher Monthly May 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/54810098

この記事へのトラックバック一覧です: ディップスイッチのRFID化:

« RFIDソリューションEXPO 2012 | トップページ | RFID World Watcher Monthly May 2012 »