« カード関連ビジネスの現状と将来展望2009 / 富士キメラ総研(著) | トップページ | 究極の金属対応タグ(埋め込んだ中から読めるタグ) »

2009/11/30

オープンソースRFIDミドルウェアRifidi Edge

ちょっと旧聞になってしまうのだが、Rifidi EdgeというオープンソースのRFIDミドルウェアがリリースされたという記事が先月末のRFID Journalに掲載された(Pramari Launches Free Open-Source RFID Middleware)。オープンソースのRFIDミドルウェアといえば半純正ともいえるfosstrakの名前が最初に来るし(過去エントリ「Fosstrak(オープンソースEPC Networkアプリケーション)」)、その後に出たAspireRFIDのトラブルも記憶に新しい(過去エントリ「Yet Another オープンソースEPCISミドルウェアAspireRFID (の筈なのですが…)」)。

それではFosstrakとRifidiの差別点は、ということになるが、まずマニュアルを見る限りはRifidiはEPCIS機能は持たずALEとLLRPという低レベルAPIの部分に集中している。そして、Rifidiはバーコードリーダーやセンサー、カメラといった非RFIDの自動認識デバイスを取り扱えるようになっており、その処理のためにEsperというオープンソースのCEPエンジンを採用しているとのこと。(CEPについては過去エントリ「CEP (Complex Event Processing)」を参照)。

オープンソース製品なので当然無料でダウンロードして利用できるのだが、開発元のPramari社は5,000ドルの年間サポートを提供している。年間サポートを購入するとEdgeBoxというアプライアンス製品がおまけで付いてくる。現時点で医療機関やアパレルショップがトライアルを検討しているほか、共同で開発を行った多くの大学で利用が始まっているとのこと。

Pramari社はRifidi Edge以外にもRFIDオープンソースソフトウェアをリリースしている。その一つがRidifi Emulatorで、RFIDタグやリーダーの挙動をエミュレートし、ハードウェアが無くてもRFIDアプリケーションを開発することが可能になる(RFID Journal: SimCity for the RFID Crowd)。Ridifi EmulatorはRifidi Edgeに先行してリリースされており、FosstrakではALE/LLRP機能と一緒にインストールすることを推奨している。このエミュレータ上で利用する負荷テストツールTag StreamerやシナリオのGUI作成ツールDesignerなども配布されている。

Rifidi Edgeの実験的な機能といい、Ridifi Emulatorによるハードウェア無しのRFID開発といい、こういう製品を無料で利用できるというのは非常に意義深く、特に大学などでRFIDを研究しようとしている人はぜひ触ってみて欲しいと思う。

|

« カード関連ビジネスの現状と将来展望2009 / 富士キメラ総研(著) | トップページ | 究極の金属対応タグ(埋め込んだ中から読めるタグ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/46900173

この記事へのトラックバック一覧です: オープンソースRFIDミドルウェアRifidi Edge:

« カード関連ビジネスの現状と将来展望2009 / 富士キメラ総研(著) | トップページ | 究極の金属対応タグ(埋め込んだ中から読めるタグ) »