« RFIDファイアウオールRF-Wall | トップページ | eyefortransport 10th North American Technology Forum 2008 (Day 1) »

2008/05/26

グッバイVeriChip

VeriChipについては先日オンライン医療情報の新サービスを取り上げたばかりだが(VeriChipが(また)やってきた。ヤァ!ヤァ!ヤァ!)、急転直下廃業することになったというニュースが飛び込んできた(RFID Journal: VeriChip to Place Implantable Division on Block, RFID Update: VeriChip Sells an RFID Business, More Change May Come, RFID Update: Implantable RFID Business 'Not Self-Sustainable')。

記事を読んでみると親子関係のある会社がいろいろ出てきてややこしい。まず、VeriChip自体は本体のビジネスであるVeriMed HealthLinkを行っているほか、一般的な医療分野にRFIDシステムを導入しているXmarkという子会社を持っている。さらに、VeriChipはDigital Angelというペット・家畜向けの生体埋め込みタグのメーカーの子会社になっている。

このXmarkは安定したキャッシュフローを生んでおり、本体のビジネスであるVeriMed HealthLinkが全く収入を生んでいない状況でVeriChipが存続できるのはXmarkの存在あってのことだった。だが、VeriChipはXmark部門の売却を決定。それによって得られた利益はVeriMed HealthLinkビジネスではなく、負債を返済した後は株主への特別配当に廻す。VeriMed HealthLinkは自力での存続を諦め、現在買い手を待っている状態とのこと。

冷たい言い方になるが、潰れて良い会社だった、ということだろう。生体埋め込みのRFIDという技術を雑に扱って可能性を潰してしまった罪はあまりにも大きい。その一方で、会社の関係としても複雑な親子会社を作り、収益の見込みの無いまま上場させた後1年ちょっとでの廃業ということで、何かの詐欺なのではないかとすら思ってしまう。

|

« RFIDファイアウオールRF-Wall | トップページ | eyefortransport 10th North American Technology Forum 2008 (Day 1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/41325824

この記事へのトラックバック一覧です: グッバイVeriChip:

« RFIDファイアウオールRF-Wall | トップページ | eyefortransport 10th North American Technology Forum 2008 (Day 1) »