« RFID: Item Level Management; A Practical Approach / Gary Andrechak他(著) | トップページ | Review of RFID in 2007 (IDTechEx) »

2008/01/26

Wal-Mart Mandateの新たな動き(Sam's Clubでの未着用パレットへの罰金化)

先日の2007年RFID業界10大トレンドの記事でも触れたが、海外のRFID業界では、業界全体の中でいわゆるMandate案件の占める割合は低下し、低下した中でもMandate案件をリードするのはMETROを初めとする欧州勢だというのがコンセンサスになっていた。以前にRFIDビジネスの顔だったWal-Martは、調達額こそ大きいもののRFID業界のチェンジリーダーというポジションを失った、と考えられていたことになる。

そのWal-Martで年明けに動きがあった。ディスカウントストアを運営する子会社Sam's Clubが、2008年1月7日にタグを取り付けていないパレットについて罰金を徴収する、というレターをサプライヤーに送付したのだ(RFID Journal: Sam's Club Tells Suppliers to Tag or Pay, RFID Update: Sam's Club Wants Item-Level RFID Tagging by 2010)。
現時点で出ている情報を総合すると以下のようになる。

  • パレットへのタグの取り付けが義務付けられるのは、最初はテキサス州Desotoの物流センター。第二段はNew Reaunfels(TX), Dayton(TA), Villa Rica (GA), Kansas City(MO), Hattiesburg(MS), Seacry(AR)の6つの物流センター。第三段で全ての物流センターが対象となる。
  • Desotoでの義務付けは2008年1月30日、第二段の6箇所では2008年10月、第三弾は2009年1月がターゲットである。
  • Desotoに納入されたパレットのうちタグが取り付けられていないものに付いては、2008年2月1日からは2ドル、2009年1月1日からは3ドルがタグ代実費として徴収される。
  • ケースへのタグ付けの要求は、Desotoでは2008年10月、第二段の6箇所では2009年1月、第三弾は2009年10月がターゲットである。
  • 「アイテム」単位(Sam's Clubは箱売りを行っているためダース単位等になる)については、Desotoでは2009年2月、第二段の6箇所では2009年10月、第三弾は2010年1月がターゲットである。

奇怪なのは、これほどの大きな方針変更であるのに、Sam's ClubおよびWal-Martからはプレスリリースが出ておらず、業界紙による取材要求も拒否していることだ。今までの報道はレターを受け取ったサプライヤーやSam's ClubにRFIDシステムを導入しているというXterprise社からのコメントに基づいて書かれている。

今後どのように動いていくかは分からないが、現状のコメントとして。

|

« RFID: Item Level Management; A Practical Approach / Gary Andrechak他(著) | トップページ | Review of RFID in 2007 (IDTechEx) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/17849835

この記事へのトラックバック一覧です: Wal-Mart Mandateの新たな動き(Sam's Clubでの未着用パレットへの罰金化):

« RFID: Item Level Management; A Practical Approach / Gary Andrechak他(著) | トップページ | Review of RFID in 2007 (IDTechEx) »