« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/26

An e-Seal in Container Security Program: How to maximize the benefits of e-Seal in the battle against terrorism

以前からここでもちらほら書いていたe-Sealの修士論文がようやく受理された。表現の部分でかなり手間取ってしまったので、肝心の内容はここ半年のe-Seal関係の変化を反映できていない。それでもe-Sealに関するまとまった文書は今でも少なく、うぬぼれもあるが現時点でも役に立つ部分はあるのではないかと思う。

An e-Seal in Container Security Program: How to maximize the benefits of e-Seal in the battle against terrorism

論文のうちアンケートに関する部分については回答者との約束もありこのバージョンでは削除させていただいた。もちろん正式に参照したいという奇特な方がいらっしゃれば直接送付させていただくのでそれでご容赦願えれば。

本論文のAbstractは以下の通り。

Preventing unauthorized access to ocean transportation is one of the most important tasks in anti-terrorism activities in border protection.  E-Seal technology is expected to play an important role in this task.  This technology can record a tampering attempt in real-time and notify authorities remotely.  Because this technology also has great value for improving business effectiveness, it is expected that pilot programs in the private sector will lead adoption.  Although research indicates that many possible bottlenecks such as the price and reliability of e-Seals have been resolved, pilot programs in the private sector are very inactive.  This research is intended to find the cause of this sluggish initiation of pilot programs.

The problem selected in this thesis is the relationship between the private sector’s confidence in its ability to proactively learn of e-Seal requirements and its incentive to carry out a pilot program.  This issue has not been discussed in depth yet.  The hypothesis examined in this research is that if a company has more confidence in its ability to learn e-Seal requirements proactively, it has greater incentive to conduct pilot programs.

Two approaches are employed in this research.  One is a survey of industry professionals.  This survey consists of twenty Likert-scale questions and the result is evaluated statistically.  The other and auxiliary method is a mathematical model.  The model expresses the relationship between resource amounts and the resulting detection of unauthorized access.  The survey also asks participants about their understanding of behaviors in the model.

The survey rejects the hypothesis that the correlation between confidence and incentive is small and insignificant.  Because there are significant correlations between the participants’ confidence and understanding of behaviors in the model, it is suggested that the problem is in how the private sector perceives its incentive.  The survey results suggest that this is because the private sector believes it has little chance to change the e-Seal requirements, even if it learns these requirements proactively.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/16

電子コンテナシールISO 18185

電子シールの話題を随分と長く放置してしまった。この分野では大きな進展があり、電子シールの規格であるISO 18185が正式に確定し、現在批准待ちの状態になっている。現在規格文書に目を通すことができておらず、かといってもう「速報」という時期でもないのだが、例によって日本語の記事がGoogleで引っかかってこないので、ABI Researchの報告書The Pending Ratification of ISO 18185に書いてある内容を簡単にまとめてみたい。

電子シールは書き込み機能を持たず、シール番号などのいくつかのID機能のみを持つことになっている。また物理上のセキュアシールの規格であるISO 17712への準拠も謳われている。これらは従来の業界での議論を踏襲した仕様。

ISO 18185では、二つの動作モードが必要とされている、1つ目のモードType AはSavi仕様の433MHzアクティブ、つまりエアインタフェースがISO 18000-7で動作する。サプライチェーン中でのコンテナ識別用タグの規格であるISO 17363のエアインタフェースもISO 18000-7なので、この2つの仕様はインフラを共用できることになる。もう一つのモードType Bは2.45GHzで、RFIDコンテナプレート規格であるISO 10374と同じインフラで扱える、と書いてあるが、子の部分の記述はやや混乱があるようで、他の部分ではType Bモードもアクティブと書いてある(ISO 10374はパッシブの規格)。さらにISO 10374は全面改訂後の規格の方に準拠しているようで、どのエアインタフェースを使っているのやら。タグの方は両対応が必須、リーダーはどちらかのモードに対応していれば良い、となっていて、これは433MHzを利用できない国に配慮してのもののようだ。

ISO 18185では、電子シールは使い捨てとすることを想定している。10~20ドルという単価は使い捨てには惜しい気もするが、実際の回収率・回収コストや再利用可能にするための追加コスト(シールは使用後に破壊されることになるし、上に書いたように物理的な防御能力も持つため必然的に荒っぽく扱われることになる)を考えると、妥当な選択だったのだろう。

エアインタフェースの部分は予想外で、もう少しきちんと調べてみたいと思っている。ともあれ曲がりなりにも規格が確定し、それも世界中で使えるものになった意味は大きい。これで電子シールの利用がどれだけ動き出すか、注目していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »