« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/28

RFID Implementation / Dennis Brown(著)

名前からするとRFIDシステムの実装を扱っている本のように見えて、実際それが違うというわけではないのだが、前回紹介した「RFID Strategic Implementation and ROI」と違ってシナリオが用意されているわけではないのでその点を期待しているのであればやや期待外れであるかもしれない。

この本はRFIDの実装に関係しそうなテーマを、電波技術の基礎からプロジェクト管理まで総花的に扱っている。テーマによっては「そんなことは知ってるよ」という内容が入っているのは止むを得ないが、それでもこれだけさまざまなテーマをカバーしているというのはやはり心強い。特に価値が高いのは、各種の規格などを網羅しており、資料集として機能する点だ。今までは雑誌を探し回って見つけていたような情報がほぼ全てこの本の中に入っている。

特に調査や情報収集を主に行っているような人にとってはリファレンスとして手放せない本になるだろう。あるいはRFIDに関係する全分野を広く浅く見なければいけないような管理職の方にもお勧めしたい。紙質も良くハードカバーがしっかりしているので本棚の中に入れておいても映える(笑)。

ISBN: 0072263245 / $59.95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/02

RFID Strategic Implementation And ROI / Charles Poirier他(著)

タイトルの通りRFIDの導入によって投資対効果を得るための手順を説明した本。主な対象とする分野はサプライチェーンであり、RFID技術の導入によるビジビリティの向上がさまざまなビジネスケースを生み、その効果は巨大であるという立場に立っている。最近のRFID業界は景気が悪く、こういう重たいテーマは敬遠されがちだったので、それに正面から取り組んだことをまず評価したい。

さらに、この本は無責任に夢を煽るような内容ではない。企業が投資対効果をきちんと検証できるパイロットの実行を最終的な目的に置き、それに至るまでに行うべき作業を緻密に解説している。サブタイトルの「A Practical Roadmap to Success」は嘘ではない。効果的なパイロットの設計については雑誌の記事レベルでは今までいくつも取り上げられてきたが、そういった記事では目を引くような注意点などが断片的に取り上げられていてもパイロットに至る過程が網羅的に説明されることはなかった。この本には作業ステップごとの成果物やチェックリストが実例入りで豊富に取り上げられており、この本に従って作業を進めていけば何らかの結果は出せるだろうという確かさを感じさせる。RFIDシステムのパイロット導入を検討しているのであれば是非とも一読を薦めたい。アメリカ固有の事情などを排した汎用的な内容なので、日本への適用にも何ら問題はないだろう。

A5版で200ページ弱と決して大部ではなく、文章もこなれてはいるが、内容がぎっしり詰まっているので読み進めるのに案外手間取った。RFIDについての知識があるのであれば、3・4・7・9・10章が主題に関係する部分なのでそこから読み始めるのも良いだろう。それ以外の章にも有益な情報が多くあり、特に6章の防衛分野でのRFIDの利用については手ごろな記事が少ないため、最終的には通読する値打ちはむろんある。

ISBN: 1932159479 / $49.95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »