« RFID日系企業勉強会inニューヨーク・参加者募集 | トップページ | 独り言 »

2006/10/31

EPC ISと輸送器材

昨日の記事では「どれほど重要な技術であっても所詮はパズルのピースの一つ」と書いたが、それと同時に技術はそれ自体の生命力を持ってもいる。思いもよらなかったような分野で用途が見つかったり、その結果が更に別の用途に影響を与えたりする。

数ヶ月前までは僕はEPCグローバルネットワーク、特にそのコアとなるEPC ISの普及はまだまだ先の話だと考えていた。ユースケースはあまりにも複雑だし、技術的な仕様についてすらベンダの相互運用性テストでローカルタイムゾーンの扱いの違いなどがボロボロ出てくるレベルだ(Interop Tests Bring EPCIS Closer to Standard)

だが、この秋になって、内外の輸送器材レンタル会社の多くが自社の器材管理を主な目的としてGen2システムの導入を開始したというニュースを複数目にするようになった(Container Centralen to Monitor Millions of Crates, CHEP Announces New RFID-Enabled Container-Tracking Service, IGPS Rolls Out RFID-Enabled Plastic Pallets, 【日本パレットレンタル】 「Gen 2」準拠のIC タグ付きパレットを物流のキーデバイスに)。利用するコードはEPCのリターナブル資産コード体系であるGRAI(Global Returnable Asset Identifier)。そして多くの企業ではEPC ISの導入を謳っている。

レンタル会社の立場に立ってみれば当然のことで、Gen2タグの導入を決めた時点ではすでに規格とミドルウェアが存在する。わざわざ独自コードを採用したり情報交換機能を自分で作りこんだりする必要は無い。EPCglobalに参加する費用は発生するが、将来は顧客への付加サービスとして訴求できると考えればコストとしてペイするものなのだろう。

だが、それら企業の外部から見ると、EPC ISが実業務で立ち上がる意味は大きい。例えばトラック・トレイラーや海上コンテナといった隣接分野への利用のプレッシャーは増えていくだろう。EPCglobalのTLS BAGは日本と香港の間での海上コンテナのトラッキングにEPC ISを適用するトライアルを立ち上げた(EPCglobal Inc Initiates RFID Pilot Project to Enable Sea Container Visibility Between Hong Kong and Japan)。また、全然関係ない分野でも「実際に動いているインフラがあるのなら」というマーケットの立ち上がり方があるかもしれない。

RFID Journalも業界別に分割したメルマガを発行しはじめるなど、RFID技術も各業界への分化が進みつつある。それ自体は結構なことだと思うが、他の業界へアンテナを広げておくことはまだまだ重要だ。

|

« RFID日系企業勉強会inニューヨーク・参加者募集 | トップページ | 独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/12500080

この記事へのトラックバック一覧です: EPC ISと輸送器材:

» ICタグ! [ICタグ!]
ICタグについての情報、ICタグの活用事例、ICタグのプロジェクト、ICタグのトラブルなど。 [続きを読む]

受信: 2006/11/07 11:00

« RFID日系企業勉強会inニューヨーク・参加者募集 | トップページ | 独り言 »