トップページ | 2006年2月 »

2006/01/22

RFID Labeling / Robert Kleist他 (著)

なんとマニアックな、と感じたらアナタは甘い。日本ではまだ色々な分野での試行錯誤が続いているRFIDだが、アメリカではWal-Martや国防総省の一点突破によってRFIDの流通分野への本格導入が始まっている。が、人材が足りないので、ほとんどのサプライヤはRFID対応にてんやわんや。アメリカと言えどRFIDスキルを持った人材が無尽蔵にいるわけではない。
そんなアメリカで必要とされているのが、とにかくWal-Martや国防総省に要求された仕様を満たすための技術者。そして、その中核となるのは工場や倉庫にRFID機器を導入するための能力を持ったフィールドエンジニアだ。
RFIDタグの視点から見て最適貼り付け位置がどうだとかいう話は日本の専門誌にも取り上げられているが、RFIDプリンタを中心に据えた記事は非常に少ない、が、納入側の立場からすれば重要なのはむしろこちらだろう。
本書はRFIDプリンタに関連する技術を豊富な図版で解説した書籍。RFIDを流通分野で利用しようという人には是非ご一読を薦めたい。関連分野の解説も豊富なので英語が苦手でない人は最初の一冊としても充分利用できる。

ISBN: 0976008602 / $29.95

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Rfid Field Guide / Manish Bhuptani (著)

RFID Sourcebookと同じく、これも教科書的な本。
ただ、"Field Guide" というタイトルの割には現場に関係する話は少なく事例志向・アプリケーション志向の強い内容。
決して悪い本ではないのだが、内容的に日経BP社が出している毎年出しているムック(最新のものは「無線ICタグ活用のすべて―実証実験から本格導入へ! 」)などとかぶるので、日本人がわざわざ英語で読むまでもないなかぁと思う。
それでも敢えて購入するなら読みどころは付録のThe Sun EPC Network Architectureか。Sunのサイトを探せば無料でダウンロードできそうな気もするが。

ISBN 0131853554 / $39.99

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/20

RFID Sourcebook / Sandip Lahiri (著)

ビジネスガイド的なものではなく、ようやくRFIDのちゃんとした教科書が出てきたなぁというのが最初の感想。
電波に関するきちんとした知識や、各ビジネス分野への応用の可能性と問題点、導入にあたっての具体的な手順や考慮点などがきれいに整理されている。学部レベルでの教科書として充分に使用に耐えるものだろう。
巻末には各種の規格などのリファレンスも付いており、読み終えたあとにも資料集として重宝するだろう。
欲を言えば、ミドルウェアなどのソフトウェアの側面にもう少し踏み込んで欲しかったのだが、現時点での業界の成熟度からするとあまり踏み込めないのもやむをえないかも知れない。
ともかく、RFID技術者であれば読んでおくべき教科書。ただ、心ある関係者が日本にいれば日本語訳が早いうちに出るだろうからその時は恨みっこなしで。

ISBN: 0131851373 / $39.99

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »